亀山社中 焼肉通販

ホーム >お腹につきやすい脂肪をガード

お腹につきやすい脂肪をガード

 
焼肉をすると、肉をメインにガッツリ食べるため、どうしてもお腹に脂肪がつきやすくなります。
たまにしかしない焼肉でも、その程度は人によって差があるので、いちがいには言えませんが、
脂肪がつきやすい体質の人なら「てきめん」かもしれません。
アルコールが入ると、食べる量が増えてしまうのでなおさらですね。
 
 
焼肉をすると肉の脂を摂ってしまいますが、お腹に脂肪をつけないためには、
肉の脂を体内で分解してしまえばよいのです。
そのためには、カテキンの力を借りること。
 
 
緑茶成分として知られるカテキンは、ポリフェノールの一種です。
このカテキンがお茶の製造段階で2つくっつくと、重合カテキンや重合ポリフェノールと呼ばれ、
脂肪分解力を持つようになるのです。
この力を持ったお茶がいわゆる「黒烏龍茶」。
 
サントリー 黒烏龍茶
 
 
当然、亀山社中の焼肉でも言えることですが、焼肉をするときは、ときどきこの黒烏龍茶を飲むことで、
食べた肉の脂を分解することができます。
分解された脂は体内で吸収されることはありません。後日、そのまま外に出て行くことでしょう。
 
 
また、カテキンには殺菌効果もあるため、口臭予防にも役立ってくれます。
焼肉での口臭予防にはこちらの気になる口臭を防止!も見てみてくださいね。


QLOOKアクセス解析