亀山社中 焼肉通販

ホーム >バーベキューには欠かせない、炭の火おこし

バーベキューには欠かせない、炭の火おこし

 
亀山社中 焼肉でバーベキューをするなら、必ず炭の火おこしをしなければなりません。ですが、炭の火おこしは以外と難しかったりしますよね。スームーズにバーベキューをするために、効果的な炭の火おこし方法をご紹介します。
 
火おこしできた炭

炭の選び方

切り炭バーベキューをするときは、炭を準備しますよね。実は炭といってもいろいろ種類があって、白炭と呼ばれる扱いにくい炭と、黒炭と呼ばれる扱いやすい炭があります。
白炭は代表的なものに「備長炭」があり、慣れていないと火おこしするのは難しいものですが、いったん火がつくと、火力が強いうえに火持ちが良いので炭火料理の焼肉にはピッタリです。
黒炭はホームセンターに売られている、「切り炭」と呼ばれるもの。火持ちの良さは備長炭に及ばないものの、火おこししやすいのが特長です。一般的なバーベキューでは黒炭で充分でしょう。

種火をつける

炭を準備したらコンロに炭を並べるのですが、まず種火をつけなければなりません。炭の火おこしをするときはいくつか方法があります。
 
一つはトーチやバーナーを使う方法。ひたすら炭に向けて火を当てます。
 
そして火おこし器。キャンストーブのような熱源があるなら、火おこしに炭を入れてあぶります。
 
そしてもう一つは着火剤。ジェルなら炭を積み木のように交互に積んで、一番下の炭にジェルをつけ着火。
固形なら一番下に着火剤を置き、そのうえに何個か炭を組み上げます。そして着火剤に火をつけて炭に火がつくまで待ちます。
 
これらの道具がないなら、新聞紙に火をつけ炭を組んであぶってやるのも一つの方法です。

本格的に炭に火をおこす

炭に火がついたら、その炭の上にまた炭を積んでいきます。そして火が勢いづくようにうちわでひたすら扇ぎます。火が移ればその炭を下に置き、同じように炭を組んで火おこししていきます。火が勢いづいたら放っておいても大丈夫。炭が焼けてコンロが熱くなってたら、肉を並べて思いっきり焼肉を楽しみましょう!



 

>> 火加減の方法

上へ戻る

 

QLOOKアクセス解析