亀山社中 焼肉通販

ホーム >焼肉を引き立てる野菜と美味しい食べ方

焼肉を引き立てる野菜と美味しい食べ方

 
バーベキューや焼肉の主役はもちろん肉!しかし、野菜の存在もけっして欠かせないのです。肉を引き立てる脇役の野菜ですが、工夫次第でおいしく食べることができます。
 
おいしい野菜

焼肉に野菜を巻いて食べる。

野菜で焼肉を巻いて食べると、野菜のサッパリ感とジューシーな肉の味を同時に味わえて一石二鳥!焼肉好きの女子の間でも人気の食べ方です!
焼肉に巻いて食べると美味しい野菜はこちら。
 
サンチュ     焼肉の本場韓国では欠かせない。レタスの仲間でビタミンと鉄分が豊富。
レタス      パリッとした食感で焼肉との相性バツグン!
サニーレタス   レタスの食感と、ほのかな苦味がたまらない!!
キャベツ     優しい甘みが味わえます。焼肉と合わせて食べたい。
 
亀山社中の焼肉も野菜を巻くとより美味しくなります。なにより、野菜の栄養が摂れて健康的!

トウモロコシの焼き方

焼肉で食べたい野菜と言えば、トウモロコシ。普段あまり口にしなくても、焼肉をする時は食べたいですよね。
 
 トウモロコシは皮がついた丸々1本を使います。
 まず皮がついたまま水につけ、サッと水を切ります。
 そしてそのまま網の上に置いて焼きます。
 15分程焼いて皮が真っ黒になったらOK。皮をむいて食べましょう〜。
 
水を含んだトウモロコシが皮に包まれ、蒸し焼きにされます。焼けたトウモロコシは甘みがグッと増し、美味しさ倍増です!!

ジャガイモとサツマイモで炭焼き芋

炭焼き芋と言ってもジャガイモやサツマイモをアルミホイルに包んで焼くだけ。とってもカンタンです。
 
芋に土や泥がついていたら水でよく洗い落とします。キッチンペーパーなどで水を切り、アルミホイルで包みます。あとは網の上にのせて焼く。
火が通ったかどうかを調べるには軍手で芋をさわりましょう。柔らかくなったら食べごろです。
 
サツマイモは甘みが増すのでそのまま食べてもOK。ジャガイモはお好みで塩やバターで食べると美味しいです。

野菜焼きのいろいろ

他にもシンプル焼くと焼肉に合う野菜はいろいろあります。
 
カボチャ    サツマイモとは違った甘みが魅力です。弱火でじっくり焼きのがコツ。
ズッキーニ   カボチャの仲間。ナスに似た食感でほろ苦い。亀山社中のタレと合うかも?
カブ      大根より甘く柔らかい。水分を含んでいるので焼くとトロっとした甘さに仕上がります。
ナス      網焼きすればジューシーに。亀山社中の焼肉と相性バツグン!
シイタケ    軸を切って焼きましょう。旨味成分と香りがGood!
 
野菜は切って焼くと、焼けるまでの時間も短く、食べやすくなります。ですが野菜の旨味や栄養価を逃さないためには、切らずに丸ごと焼くほうがよいのです。焼きやすい野菜を丸ごと焼いて、野菜の旨味を味わってみるのもいいですよ。

野菜をまるごと焼くときの注意点!

切らずにまるごと野菜を焼くと、身の詰まった大きな野菜は時間がかかるうえに、忘れられて黒こげになります。こうならないためにも、早めに弱火でじっくり焼きましょう。
 
また、中に空洞がある野菜は加熱されると破裂しやすいので、熱を逃すために空気穴を空けておきましょう。

余った野菜はオイルマリネ

野菜を用意し過ぎて余ってしまった。せっかく焼いたのに残ってしまった。焼肉をするとよくあることです。そんなときは思い切ってオイルマリネにしてしまいましょう。
 
マリネ液に必要なものはハーブオイルとビネガー。
オイル2に対してビネガー1の割合で合わせ、よく混ぜる。かき混ぜたらタッパーなどの容器に入れます。
そして焼いた野菜に塩とコショウを少し振り、マリネ液に漬けて1日置いておくとできあがり。


QLOOKアクセス解析